AGA治療の効果は!?途中で辞めたらこうなった…

AGA治療の相談 育毛コラム

薄毛対策として病院でのAGA治療を受ける方も多くなってきました。
テレビCMやテレビタレントの発言などでAGA治療が身近に感じられるようになったからかもしれません。
AGA治療とは一体どういったことをするのか、本当に効果は出るのか。
途中で辞めてしまうとどうなるのかを解説します!

そもそも自分はAGAなの?AGAとは一体?

AGA

AGAとは男性型脱毛症「Androgenetic Alopecia」の略です。
男性型とついている通り、男性ホルモンが関係する脱毛症ですので、一般的に成人男性に多く見られる症状となります。
男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって代謝されることでAGAの原因になる「ジヒドロテストステロン(以下、DHT)」に変わります。
DHTが多く分泌されるとヘアサイクルが乱れ成長期が著しく短くなったり、休止期が長期化してしまったりします。
成長期が短くなると健康で強い毛髪になる前に成長が止まり、そのまま抜け落ちてしまうことになりますし、休止期が長いということはそれだけ次の毛髪が生えてこなくなるということです。
こういった状態になってしまうことをAGAと言います。

AGA治療って実際何をするの?

投薬治療

最近よく耳にするAGA治療ですが、実際のところどんな治療法なのかまでは分からない部分も多いですよね。
AGA治療は主に投薬治療となります。
投薬は服薬するタイプと患部に直接塗布する外用タイプがあります。
主に使われる薬としては、

  • フィナステリド
    5αリダクターゼⅡ型に作用してDHTの生成を防ぐ働き。
    抜け毛を抑える目的で使用します。内服薬。
    <副作用>
    性欲減退、勃起不全、射精障害、睾丸痛などの生殖器系、痒みやじんましんなどの皮膚症状系、他に肝臓の数値異常、乳房肥大、抑うつ症状、腹痛や下痢
  • デュタステリド
    5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があります。
    その両方に作用してDHTの生成を防ぎます。
    抜け毛を抑える目的で使用します。内服薬。
    <副作用>
    性欲減退、勃起不全、射精障害、睾丸痛などの生殖器系、痒みやじんましんなどの皮膚症状系、他に肝臓の数値異常、乳房肥大、抑うつ症状、腹痛や下痢
  • ミノキシジル
    毛根につながる毛細血管を拡張し血流を改善。
    発毛効果があります。内服薬・外用薬共に使用。
    <副作用>
    血圧の低下、心拍数の異常、頭痛、めまい、胸痛、倦怠感、吐き気、体重の増加、手足のむくみ

の3種類になります。
フィナステリド・デュタステリドは男性ホルモンに影響をもたらす成分ですので、主に男性機能に副作用が現れることが多く、ミノキシジルはもともと高血圧治療に利用されていた成分のため、循環器系への副作用が心配されます。

生えるまでの期間は?途中で辞めるとどうなるの?

リスク

AGAは毛髪の成長サイクルに大きく影響するため4~6か月程度で効果が出始めますが、その期間は人によってまちまちです。
治療費も保険適用外となるため、ひと月4万円~と決して安くない金額となります。
AGA治療を始めたものの、続けられずに途中で辞めてしまう場合も多いようです。
医師の指導なしで服用を突然辞めてしまうと、再び薄毛が進行してしまうのはもちろん、どんな医薬品でも同じことですが副作用が強く出てしまうことも考えられます。
AGA治療は費用と体への負担がかかりますので、まずは自分で対策をしてみてから考えても良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました